クレイジー自作派 TOP

メガドラ部


井内ひろし様




部品の加工は
こちらでどうぞ

部品購入は
こちらでどうぞ

セガストア



 パソコン工房





ツートップネットショップ

フェイスネットショップ



EIZOダイレクト



MEGA-CD  PC
[MODEL-MCD]
1988年に68000&Z80の豪華タッグCPUで華々しくデビューしたメガドライブ、
そして大容量だけでなく、さらに68000CPUを一基追加してしまったメガCD
プレイの為にACアダプターが2個必要で壁のコンセントに直挿しすると
TVのコンセントを指す場所すら奪い取る漆黒の悪魔・・・
その筐体に光る「16-BIT」の文字は大胆で誇らしく、多くのセガ信者を
生み出したこのハードを今一度現代の技術で蘇らせることにしました。
ずいぶん前に一度チャレンジしていますが、現物合わせとアドリブで作ったため
動作はするものの今思うと納得出来る完成度ではありませんでした。

今回はCADにてメガドライブ・メガCD共に0.1mm単位でモデリングを行い
搭載部品の検討を行うこととしました。
現在の予定仕様は

メガドライブ本体側が
CPU AMDA8-3800(4コア 2.4GHz TC2.7GHz RadeonHD 6550D内蔵 400s 64W)
1.8インチSSDx4台 ・ 地デジチューナー ・ ヘッドフォンアンプ ・ スロットインBDドライブ
メガCD側が
5インチBDドライブ・3.5インチHDDx2台

となっていますが、期待のAMD-Llano Aシリーズ発売はもう少し後になりそうです。
それまでにメガCDへのビデオカード搭載の可能性や消費電力・排熱等について
設計を詰める予定です
Twitter「つぶやく」ボタン crazy_diy_pcをフォローしましょう  WebMoney ぷちカンパ