クレイジー自作派 TOP

メガドラ部


井内ひろし様




部品の加工は
こちらでどうぞ

部品購入は
こちらでどうぞ

セガストア



 パソコン工房





ツートップネットショップ

フェイスネットショップ



EIZOダイレクト




[MODEL-XVI]
X68000が登場したのは1987年。
ファミリージョッキーや初代ロックマンのころで
国内ではPC-9801VMが市場を掌握しつつあった時代でした。

本体購入時にグラディウスが付属するのも驚きですが
コンピュータ部門ではなくテレビ事業部が開発を行った
特殊な経緯があります。

そのためかデザイン性も非常に高く、動作しなくなっても
処分できず押入れにいるユーザーも多いと聞きます。

そんなX680x0シリーズの中で最も優れたデザインと
言われているのがX68000 XVI(エクシヴィ)です。

XVIは長年愛用していましたが、とうとう息を引き取ったため
夢の続きを見せてあげたいと思いATXコンバートキットの設計を始めました。

実機を分解して部品を一つひとつ測定しては
3D-CADでモデリングを行っています。

本体を構成している部品は一見すると、直線や平面の
集合体にみえますが、非常に複雑な形状の部品や
微妙な曲線やテーパーがデザイン的に大きな影響を
与えていることがわかります。

実際グッドデザイン賞を受賞していますが、
現在ほど3-CADの環境が整っていない当時にこのように凝った
筐体を作るとなると、膨大な金型試作を繰り返したのではないでしょうか。

今回はATX改造後でも、実機に組み戻しが出来るようにキットとするため
実機部品には加工を施さないことが目標となります。

そのため空間の使用効率は悪くなりますが
miniITXマザー・ビデオカード・3.5HDDx1・2.5HDDorSSDx3
地デジチューナー・無線LAN IEEE 802.11nの搭載を可能とし
基本部品のレイアウトもほぼ決定ました。

現在は新型シャーシの設計と、底部のI/Oを使用するために
何を搭載するべきか検討中です。

X68000 XVI⇔ATX コンバート用
フェニックスキット [MODEL-XVI]


特徴

 ・miniITXマザーを搭載可能。
 ・140W以内で全長250mmまでのビデオカードを搭載可能
 ・廃熱を筐体外に直接排出することで内部温度を低下させる
 ・フルセグチューナー&無線LAN802.11nに対応し
  LANアンテナを2本・TVアンテナ接続部を背面に搭載
 ・スロットインドライブx2もしくは、ドライブ1個&
  SD/miniSD/microSD/Memory Stickリーダーを搭載可能
 ・アクセスランプ/イジェクトスイッチ/リセットボタンを動作。

スペック
 CPU  Core i7 8x0
 マザー  ZOTAC H55-ITX WiFi
 メモリ  DDR133 MAX8GB
 VGA  GT260 HD5770程度まで
 BDドライブ  薄型スロットインタイプ
 電源  Shuttle製 高効率300W/ZIPPY製高出力500W
Twitter「つぶやく」ボタン crazy_diy_pcをフォローしましょう  WebMoney ぷちカンパ
実機3Dモデル








ATX組み換え3Dモデル