クレイジー自作派 TOP

メガドラ部


井内ひろし様




部品の加工は
こちらでどうぞ

部品購入は
こちらでどうぞ

セガストア



 パソコン工房





ツートップネットショップ

フェイスネットショップ



EIZOダイレクト




[IHI IS-011S]
 クレイジー自作派の実家には、
なぜか年代物の油圧ショベル(ユンボ)
が同居しています。

製造後30年以上経過した骨董品で
トラブルのバーゲンセール状態なので、
まとめてオーバーホールを
行うことにしました。
  
 ディーゼルエンジン修理編
まずはバルサン顔負けに白煙を上げ
グビグビとオイルを飲み干す
ディーゼルエンジンの修理を行います。

エンジンヘッドを外してみると
ヘッドガスケットが破断しており
漏れ出した冷却水とオイルが、
シリンダーに流れ込んだらしく、
シリンダーブロックやエンジンヘッドが
虫食いのごとく腐食していました。

ガスケットを交換しようとしても
30年以上のシロモノで
部品が全く入手不可能なため
図面を作成し、おなじみの
[日本プレート精工]に
製造依頼を行うことにしました。
「ガスケットは高温になるので
材料の熱膨張に注意してください」
と日本プレート精工様から
アドバイスを頂き、銅板にて
作成していただきました。

製作していただいたガスケットは
組み込むのが勿体無いほど、
すばらしい出来でした。

液状ガスケットとの併用で組み付けを
行い、バルブの摩り合わせが完了した、
エンジンヘッドを組み付けて
バルブクリアランス調整(タペット調整)を
行いました。

燃料フィルタやエアフイルタ等も交換し、
エンジンは始動性も良く、白煙も激減し
大幅にトルクが増えて快調です。
  



油圧シリンダー修理編
お次は、オムツが要るほどオイルを漏らし
中毒症状の様にガクガクと痙攣を起こす
油圧シリンダーの修理です。

重機の部品は人の手に余るほどに
大きいので、分解も非常に困難ですが、
部品点数が少ないので、故障箇所を
特定するのは比較的簡単です。

しっかーし、この油圧シリンダは
酷すぎました。

重要部品のオイルパッキンが
原型を留めないほど
粉々に砕けていました。(」゜ロ゜)」 ナント

油圧シリンダなのに油圧を受ける
部分が無い⇒意味無い上に油ダダモレ

油圧パッキンは専門メーカーの[NOK]
にて詳しく調べることが出来るので、
型式選定後にシール材専門商社の
[松本産業株式会社]に発注を
お願いしました。
特殊な部品にも関わらず、値段も
お手ごろで、個人発注にも丁寧に
対応してくださいました。

組立はエアーが混入しないように
あらかじめ手順を熟考してから行います。

分解工程に比べて組立工程は3倍程度
に手順は増えますが、混入したエアーが
パッキンに入ると、動作中にオイルでの
冷却が出来ず、高温のためパッキンが
劣化してしまいます。

組立後に油圧ホースのエアー抜きを
行い、ゆっくりと試運転を行いました

アームは力強く動き始め、中毒症状の
痙攣も完全に解消されました。







       
起動輪修理編
さて、お次は駆動部分の修理を行います。

油圧ショベルと言えば履帯(キャタピラ)ですね。

履帯に動力を伝える起動輪の修理を行います。

一般的な起動輪は歯車状になっていますが、
この油圧ショベルは起動輪の両側面の突起で、
履帯に動力を伝える構造になっています。

おかげで両側面から減ってしまい、
張力調整をしても履帯がスリップする
事態に陥ってしまいました。

履帯はシングルピン・シングルブロックで
構造が簡単なので、起動輪の関係をCADで
検証してみると、M27のナットを使用すると、
復旧できることが判明しました。

まずは高速カッターを使用し起動輪の突起を
完全に切り落とし、グラインダーで仕上げます。

被服アーク溶接を行うので、高強度M27の
ナットを大きく面取りを行います。

溶接は人生初挑戦なので48個ものナット固定は
溶接日焼けをするほど大変でしたが、溶接後は
巨大なハンマーで最終減速機が壊れるほど
ぶっ叩いてもびくともしません。

さび止め下地を塗った後に黒スプレーで
仕上げて、それっぽく完成です。
 
履帯修理編
起動輪の修理が終わっても履帯(キャタピラ)が
磨り減っているとスリップしてしまいます。
そこで履帯の爪を溶接で盛って修理します。

しっかーし、履帯は82枚もありやがり、1枚に
爪が2個あるので合計164個にもなります

減りの少ない箇所もあるので、修理箇所は
80箇所程度で、溶接棒を140本使用しました

履帯表側の滑り止めも原型を留めないほどに
減っていたので、直径9mmの鉄筋を切断し
履帯一枚あたり二箇所、合計162本溶接し
溶接棒を500本ほど使用しました。

連結部の履帯ピンは、へし曲がっていたので
M14-200mmの高強度ボルトに交換しながら
連結を行い完成です。

炎天下での溶接作業は、日焼けと鉄粉で
真っ黒になりますが、作業するほどに上達する
ので、何でも作れてしまいそうな気がします。

次はパイプの溶接に挑みます。 
 
 ルーフ製作編  
やっとこさ動作できるようになった油圧ショベル
ですが、屋根が跡形もありません。
さすがに災害ともいえる今年の猛暑は耐え難く
ルーフの設計・作成を行うことにしました。

壊れた折りたたみベッドのフレームが良い
大きさなので、斜めにパイプを溶接する構造で
設計・製図を行いました。
パイプの溶接は初めてだったので、数回穴を
空けながらも無事(?)骨格が出来上がり
耐候性ビニールを張り完成です。

・・・と思いきや、一週間もしないうちに本物の
ルーフを運悪く(!?)入手できたので大幅変更を
行いました。
椅子とルーフの中心を合わせた設計にしたので
パイプのつなぎは複雑になりましたが、
強度も十分で、塗装が完了すればいかにも
それっぽく(←重要)仕上がりました。

表示インパネ周りも動作率0%だったので
電源スイッチの修理・パネル配線の全交換・
ヒューズパネルの新規作成・ホーン修理・
ホーンスイッチ交換・警告ランプのLED化・
ヘッドライトスイッチ交換・
ヘッドライト表示LEDの追加等々の大手術を
行いました・・・・完璧!
 
  Twitter「つぶやく」ボタン crazy_diy_pcをフォローしましょう  WebMoney ぷちカンパ